カインズの猫砂を箱買いしたら… 「なにこれ、すごい!」「めっちゃほしい」

「置いておいた段ボールの中を覗くと猫が入っていた…」というのは、猫を飼っている人の間では鉄板の『あるあるネタ』。 どんなに狭くても体をくねらせて入ってしまうほど、猫は段ボールの中が大好きです。 そのため、段ボールが捨てられず、猫の『キャットハウス』になってしまうことも多いといいます。 ※写真はイメージ とはいえ、どうせ置いておくならただの段ボールよりも、見た目の可愛らしいキャットハウスを置いておきたいものです。 そんな猫や飼い主の気持ちを両方とも満たしてくれるキャットハウスが、あるもののケースになっていると注目を集めています。 うちの猫にも使わせたい! キャットハウスデザインのケースが使われているのは、ホームセンター『カインズ』で売っている、猫のトイレに使う『猫砂』です。 猫砂が4袋分箱に入ったままの状態で購入する、いわゆる『箱買い』をすると、そのケースが段ボール製のキャットハウスになります。 段ボール側面に描かれた窓やドアをカッターで切るだけなので、誰でも簡単にキャットハウスを作ることができます。 ネット上でも「これは欲しい!」という声が多数上がっていました。 ・念願のマイホームを手に入れて、うちの猫は出てこなくなりました。 ・猫砂は消耗品だから、たくさんあっても困らないし、キャットハウス欲しさに箱買いしたくなりますね。 ・壊されてもすぐに新しいのを用意できるのは嬉しい! 猫砂は消耗品のため、何度もまとめ買いをする人は多くいます。そのたびに、可愛いキャットハウスが手に入るとなれば、嬉しくなってしまう飼い主は多いでしょう。 どういった理由でこんなにも魅力的なキャットハウスが生まれたのかを、『カインズ』の広報室に伺ってみました。 全店舗で販売しているの? ――キャットハウスを思い付いたきっかけは? 猫砂は段ボールに入った状態で店舗に入荷します。その後、段ボールはすべて開けて、1つずつ販売をしていました。 ですが、もともと猫砂はまとめて購入されるお客様が多く、バラバラの袋を大量にカートに積むのが大変そうでした。 かつ、たくさんの段ボールがただ廃棄されていることもあり、エコロジーの観点からも活用できないかと考えていました。 そこで生まれたのがこのキャットハウスです。 まとめ買いがしやすく、キャットハウスも一緒に手に入るということで、「お客様に喜んでもらえること」と「段ボールの有効活用」を両立することができました。 ――いつごろからケースがキャットハウスに? キャットハウスデザインのケースは、2017年7月から取り扱いを始めました。

Read more

あの中核派の女性が杉並区議員に立候補。洞口朋子(29)

洞口朋子(29)という女性が2019年4月に行われる杉並区議会議員選挙に立候補するために活動を始めている。ネット上では多くの人が顔を知っている有名人だ。 この顔に見覚えがないだろうか? 一見するとごく普通の優しそうな女性に見えるのだが、この洞口朋子(ほらぐちともこ)という人物が筋金入りの問題人物なのだ。 ネット上では「中核派の女性」として有名。まだ若いのに過激な活動に加担しているとして有名になった。 そしてこの洞口朋子が今、政治家になろうとしているのだ。ポスターは爽やかにつくっているが、とんでもなく過激な人物だということを指摘しておきたい。 洞口朋子は法政大学1年のときに政治活動が理由で除籍処分を受けている。 洞口朋子とは一体どのような人物なのか。 過去に密着取材した番組などから素顔を紹介していきたい。暴力革命を起こすために中核派に参加。 本人は大変満足そう。それまでに何か大きな不満を抱えていたのだろうか。 本人は大変満足そう。それまでに何か大きな不満を抱えていたのだろうか。 入り口は重い鉄の扉。 中核派はこれまで何度か問題行動を起こして警察の家宅捜索を受けている。2015年には指示に従わなかったため、扉が切断された。 中に入ると7台ほどのモニターがある。 洞口朋子「これは監視カメラで、家宅捜索だったり右翼とか、色々な動向を見るためにある」 ビルの中は寮のようになっており、食堂、風呂、洗濯室もあり。こんなところで暮らしていたらもうそれだけで洗脳されてしまいそうだ。 また、洞口朋子はYouTubeで「前進チャンネル」というものを運営しており、そちらでも中核派の実態を紹介している。 壁に張り出されているのは公安警察の顔写真。こうして把握しておくことが大事なのだという。 さらに近くに停まっているキャンピングカーはなんと公安警察のものなのだと解説する。 自分たちを24時間監視するために公安警察が見張っているのだと紹介。自分も警察の監視対象になっているのに、よくこんな堂々としていられるものだ。 中核派は革命を起こすことで社会を変えようと目論む集団だ。 ▼この記事が面白かったらいいね!

Read more

『トップ・ガン』から33年… 続編を撮影中のトム・クルーズがヤバイ!

「I feel the need,the need for speed.(やろうぜ!勝負はこれからだ)」 1986年公開の映画『トップ・ガン』で登場するこのセリフを覚えている人は、どれくらいいるのでしょうか。 トム・クルーズの出世作にもなった同作品が公開されてから2018年で33年。この度、『トップ・ガン』の続編の制作が正式にスタートし、当時のファンから喜びの声が上がっています! そんなファンの期待をさらに高める、撮影中の写真をご紹介しましょう。 時の流れを感じさせないトム・クルーズ 映画公開当時、24歳だったトムも56歳(2018年10月11日時点)。 しかし、続編を撮影中のトムの姿は、まるで33年前のスクリーンから、そのまま飛び出してきたようなのです! まずは、1986年公開の『トップ・ガン』の劇中写真をご覧ください。 そして、こちらが続編となる『トップガン:マーベリック(原題)』を撮影中の現在のトムの姿です。 さすがハリウッド俳優…一般人とは時の流れかたが違うのでしょうか。写真を並べてみても、33年もの月日が経っているとは信じられません。 当時と違うのは、トムが乗るバイクが『KAWASAKI GPZ900R』から『KAWASAKI Ninja H2R』になっている点だけ。 これには昔からのファンも衝撃を受けたのか「当時の映画を見ているよう」「彼は『老い』からもっとも遠い存在」と驚きのコメントが多々寄せられています。 50歳を超えてからも数々のアクション映画に出演しているトム・クルーズ。『トップ・ガン』の続編でも、33年前と変わらぬアクションシーンに期待がかかります! 出典 https://grapee.jp

Read more

横田基地にて『オスプレーででけー!ででけー!』 → フィフィ「私もそうとは思う。そもそも日本は日本が守ればいいの。でも…」

フィフィさんのツイート こんな早朝にニュースを見てるけど、オスプレーででけー!ででけー!って横田基地で。そいえば、どっかでは米軍ででけー!って、私もそうとは思う。そもそも日本は日本が守ればいいの。でも米軍縮小しながら自己防衛の為に武装しましようと提案すると阻止しようとするよね。だからわけわかんないのよ。 こんな早朝にニュースを見てるけど、オスプレーででけー!ででけー!って横田基地で。そいえば、どっかでは米軍ででけー!って、私もそうとは思う。そもそも日本は日本が守ればいいの。でも米軍縮小しながら自己防衛の為に武装しましようと提案すると阻止しようとするよね。だからわけわかんないのよ。 — フィフィ (@FIFI_Egypt) October 9, 2018 フィフィ プロフィール フィフィは、エジプト出身の主に日本で活動する外国人タレント。カイロ出身。国籍はエジプト。中京大学卒業。サンミュージック所属。 フィフィ – Wikipedia twitterの反応 その通り今迄、米軍が居たから日本は、平和だった、それを無視して米軍要らないではね。自衛隊で日本守れますか?現憲法は、日本玉砕憲法。本当にそれで良いのか考えたく無い日本人が多過ぎるのが問題なんです。 — sora (@Sora2716Sora) October 9, 2018 また、米軍の方たちも、アメリカで家族と離れ、子供と離れ、はるばる日本に来ているということも忘れてはいけない要素だと思います。米軍でてけー!の言葉に私は悲しさを感じます —

Read more

ハリポタから約20年後 ライバル同士だった2人の『現在』にファン大興奮

シリーズ終了から10年以上経ったいまも根強い人気を誇るJ・K・ローリング著書の『ハリー・ポッター』。 ストーリーの面白さはもちろん、個性豊かなキャラクターもハリー・ポッターシリーズの魅力の1つですよね。 ハリー、ハーマイオニー、ロンはもちろん、3人を目の敵にしていたドラコ・マルフォイも、嫌われ役でありながら主役の3人と同じくらいの人気を誇っていました。 そんな、劇中ではライバル同士だったハリーとマルフォイの2ショットが公開されました! 2001年に公開された映画1作目『ハリー・ポッターと賢者の石』から20年近く経った2人の現在を、ご覧ください。 View this post on Instagram Go see it. He’s fantastic as per @lifespanofafact A post shared by Tom Felton (@t22felton)

Read more

すしざんまいの社長がNHK(公共放送なので宣伝NG)に出た結果

すしざんまいの木村清社長が豊洲市場の開場を前にNHKのインタビューに答えた。しかし公共放送のNHKとあって、絶対に固有名詞を出さないようにしている。 前代未聞の放送。 すしざんまいの社長がNHK(公共放送なので宣伝NG)に出た結果 | netgeek https://t.co/XraRbiv5AB pic.twitter.com/OiZ9JdW63B — netgeek (@netgeek_0915) October 11, 2018 いきなり登場した木村清社長は「お寿司と言えば、すしざんまい!」とあのポーズで言うのかと思ったら、なんと途中から無言になる。 「お寿司と言えば!」と言ったきり、固まってしまうのだ。 「すしざんまい」まで言ってしまうと宣伝になってしまうのでNHK的にはアウト。しかしあの決め台詞とポーズは使いたい。苦肉の策がこれだったのだろう。 その後も木村清社長は「すしチェーン店」という抽象的な名前でインタビューに答える。 さすがNHK。相当気を使っていることが分かる。この放送はネット上で話題になり、すしざんまいが封じられるとはNHKならではのちょっとした珍事件だと話題になった。 しかしながらここで気になるのは例のギャラクシー事件。 参考:【炎上】商品名を出さないはずのNHK、韓国サムスン新商品を異例の宣伝 商品名を出さないルールのはずのNHKがあろうことか日本未発売のサムスンのスマホを紹介したのだ。今回の固有名詞封じを見るに、やはりあれは異常事態だったのだと確信が深まる。 商品名を出さないルールのはずのNHKがあろうことか日本未発売のサムスンのスマホを紹介したのだ。今回の固有名詞封じを見るに、やはりあれは異常事態だったのだと確信が深まる。 ▼この記事が面白かったらいいね! 出典 http://netgeek.biz

Read more

トランプ大統領の安定支持率について、櫻井よしこ氏「日本のメディアはトランプ反対の声ばかり伝えて、日本の報道を見ると…」

トランプ米大統領の安定支持率について 櫻井よしこ 「トランプ嫌いの日本のメディアはトランプ反対の声ばかり伝えて、日本の報道を見ると今にも政権が潰れてしまう様な印象を受ける」 木村太郎 「経済はかつてないほど好況。人気が無かったらおかしい」 Mi2さんのツイート トランプ米大統領の安定支持率について、櫻井よしこ「トランプ嫌いの日本のメディアはトランプ反対の声ばかり伝えて、日本の報道を見ると今にも政権が潰れてしまう様な印象を受ける」木村太郎「経済はかつてないほど好況。人気が無かったらおかしい」ホント今にも潰れそうな伝え方ばかり。#primenews pic.twitter.com/3SPptc0CxD — Mi2 (@YES777777777) October 10, 2018 櫻井よしこ プロフィール 櫻井よしこは、日本の政治活動家、自称ジャーナリスト、インターネット番組のニュースキャスター。国家基本問題研究所理事長、言論テレビ株式会社会長、「21世紀の日本と憲法」有識者会議代表、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表。本名は櫻井良子。 生年月日: 1945年10月26日 (年齢 72歳) 櫻井よしこ – Wikipedia 木村太郎

Read more

「警察に通報するよ」 高須院長の辛らつな『ひと言』に共感の声

2018年10月2日に大阪市の吉村洋文市長が、アメリカ・サンフランシスコ市との姉妹都市関係を解消。 これを不服としたサンフランシスコのロンドン・ブリード市長は「一方的に姉妹都市を解消することはできない」と、声明を公表します。 その声明に対して、『高須クリニック』の高須克弥院長が辛らつな言葉を送りました。 一方的に切れない! 大阪市が姉妹都市を解消することになった発端は、サンフランシスコ市が慰安婦像の寄進を受けて、その像を『市の公共物』として公園に設置したことでした。 大阪市長は、慰安婦の像を『市の公共物』として扱わないように通告。2018年7月には『公開書簡』を送付しました。 歴史研究者の間でも議論が分かれ、日本国政府の見解と異なる慰安婦の数、旧日本 軍の関与の度合い、被害の規模など不確かで一方的な主張をあたかも歴史的事実とし て記した碑文とともに、慰安婦像及び維持費の寄付をサンフランシスコ市が受ける議 案に前市長自らが 2017 年 11 月 22 日に署名され、慰安婦像及び碑を貴市の意思として 市有地に設置されました。 本件については、私もしくは前大阪市長から、サンフランシスコ市議会ないしはエ ドウィン・M・リー元サンフランシスコ市長に対し、2015 年 8 月以降、計 8 回にわた り、姉妹都市大阪市として、像と碑の設置がもたらす影響に懸念を表明するほか、思

Read more

野田佳彦元首相『歴代長期政権は何らかの結果を出していますが、「政治は結果」が口癖の安倍総理こそ、何も結果を出していません』

結果を出せない安倍長期政権 ▼野田佳彦ブログより ・このように歴代長期政権は何らかの結果を出していますが、「政治は結果である」と口癖のように語っている安倍総理こそ、何も結果を出していません。 ・総理はいつも、アベノミクスによる成長と雇用改善を得意気に語ります。しかも、旧民主党政権と比べて。これはフェアな態度ではありません。景気は循環するものです。景気の底は2012年12月でした。以降は景気拡大局面に入り、そのタイミングで第2次安倍政権ができました。成長率を比べるなら、その前の景気拡大期の小泉政権と比べるべきです。あるいは先進7か国(G7)と比べるのが筋です。自慢するほど大したことはありません。 ・有効求人倍率の高さも喧伝しています。日本有数の倍率は島根や鳥取ですが、この地域の経済に活力があるからでしょうか。団塊の世代がリタイアし、若者が都会に流出し、労働力人口が激減しているから働き手が不足しているのです。 2018年10月09日 13:52 http://blogos.com/article/330390/ 野田佳彦 プロフィール 野田 佳彦は、日本の政治家。院内会派「無所属の会」所属の衆議院議員。 千葉県議会議員、財務副大臣、財務大臣、内閣総理大臣、民主党国会対策委員長、民主党幹事長代理、民主党代表、民主党最高顧問、民進党幹事長などを歴任。 生年月日:1957年5月20日 (年齢 61歳) 野田佳彦 – Wikipedia 安倍晋三 プロフィール 安倍 晋三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、第90代・第96代・第97代・第98代内閣総理大臣、第21代・第25代自由民主党総裁。 生年月日:1954年9月21日 (年齢

Read more

加藤浩次の気遣いに「朝からほっこり」 妊娠報告の大沢あかねに対し?

2018年10月9日、タレントの大沢あかねさんが、第3子を妊娠中であることを明かしました。 大沢さんは、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で水曜コメンテーターを務めており、10月10日の放送は大沢さんにとって妊娠発表後初となる回。 MCの加藤浩次さんから「妊娠おめでとう」と祝福されるなど、和やかなムードで放送はスタートしました。 また、妊娠中のつわりについて聞かれると「食べづわりがある」と答えた大沢さん。すると、加藤さんが大沢さんの体調を気遣うひと幕がありました。 「体を大事に。しんどかったら、オンエア中であってもいっていいから。大丈夫よ」 スッキリ ーより引用 妊娠中は、体調をくずしやすくなってしまいます。だからこそ、こうしたちょっとした気遣いが嬉しく感じられるもの。 「ありがとうございます」と返す大沢さんの安心したような笑顔が印象的でした。 また、加藤さんの気遣いは「優しい」「素敵」とネット上でも話題に。 ・ああいう言葉が自然に出てくるのって、素敵だよね。 ・朝からほっこりした。 ・荒っぽいイメージもあるけれど、本当は優しい人。 加藤さん自身、3人の子どもの父親であり、妊娠中の大沢さんの苦労をよく分かっているのでしょう。 加藤さんのように当たり前のように相手を気遣える姿勢を、私たちも見習いたいものですね。 出典 https://grapee.jp 出典 スッキリ

Read more