チェ・ホンマンが告白…「日本人は本当に親切であるが、韓国ではとても大変だった」

チェ・ホンマン「日本人は本当に親切であるが、韓国ではとても大変だった “衝撃告白 ▼記事によると…(韓国語機械翻訳) ・韓国国民の悪質な書き込みがひどすぎる、あまりにも大変だった、対人恐怖症の診断も受けた」 「試合で負けた場合、「チェ・ホンマンダイ、韓国の恥さらし」このような悪態を注い精神的に大変だった」 「私も試合をすると勝ちたいリングに書面突然恐怖感に目の前が真っ暗になって怖かった」 「現在の母国を離れ、大阪で質素に生活している」 「このような私救ってくれた人たちは、日本の大阪人である、大阪の人々は非常に暖かく、日、人間的に約与える ” 「ご飯を食べに行くとサービスを与え、タクシーに乗るにも「応援している、無料でテウォジュンとか人のぬくもりを感じた」 チェ・ホンマンは、実際に心が本当にすごくもろさ 自宅でクマのぬいぐるみを友達に置くだけ純粋であるとする。 現在では、日本、大阪の人々の親切に反してハードに生きてみるとする 2020-12-05 18:36:56(韓国語) https://www.ilbe.com/view/11307254281 チェ・ホンマンは、韓国のシルム選手、キックボクサー、総合格闘家、俳優。済州道済州市出身。ニックネームは「テクノ・ゴリアテ」など。 生年月日: 1980年10月30日 (年齢 40歳) 出生地: 韓国 チェジュ市 翰林邑

Read more

日本学術会議の会員を逮捕 川村光容疑者(66)、商業施設内で・・・

学術会議会員の男逮捕 下半身触る姿見せた疑い 商業施設内で自分の下半身を触り、その様子を女性店員に見せつけたとして、兵庫県警西宮署が県迷惑防止条例違反の疑いで、豊田理化学研究所フェロー、川村光容疑者(66)=名古屋市名東区=を逮捕していたことが7日、県警への取材で分かった。 川村容疑者は日本学術会議の会員。 逮捕容疑は5日午後0時15分ごろ、同県西宮市の商業施設の飲食店内で、ズボンの上から下半身を触る姿を女性店員3人に見せつけたとしている。 「股間は触ったが女性に見せてはいない」と容疑を一部否認している。 豊田理化学研究所(愛知県長久手市)によると、川村容疑者は統計物理が専門で、大阪大教授や日本物理学会会長などを歴任した。 平成29年に日本学術会議会員に選出され、今年4月から現職… (略) 引用元ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/6bc184c61c4b4fb66940dac590ce0dbe1a3ec0ef Twitterパヨクが「ネトウヨ警察の陰謀!政治的意図のある逮捕!」と騒ぐ、まで見えた これも学術に必要なんや 学術的な何かをした訳じゃなくて草 学問の自由が脅かされた! 警察はすぐに不当な拘禁をやめよ! 笑かすなw どういう学問なの? とんだ学問の自由だな こりゃあ崇高な学問ですねえ マスコミさんはなんで学術会議やらなくなったの?ねえ これも上級ムーブで乗り切れるがんばれ 学術会名義で陰謀論唱えそう クソワロタw 日本学術会議笑 もはや日本人のネタ

Read more

世界で60例しかない顔面奇形で生まれた6歳男児の母親が伝えたいこと…

世界で60例しかない顔面奇形で生まれた 6歳男児の母親が伝えたいこと… 世界で医学史上わずか60例ほどとされている 顔面奇形で生まれた男児がアメリカにいます。 この男児は、周りの人々の心無い反応を耳にしながら 全盲の生活を送ってきました。 現在6歳になる男児の母親が世間に伝えたいことが話題になっています。 顔面奇形で生まれた男児 2011年2月18日、 米テネシー州ウッドベリーのブキャナンさん一家に クリスチャン君が誕生しました。 クリスチャン君の母レイシーさんは 夫クリスさんと15歳の時に知り合って恋に落ち レイシーさんが21歳の時に2人は結婚しています。 23歳の時にクリスチャン君を妊娠したレイシーさんは 夫とともに幸せの絶頂にありました。 しかし、妊娠18週目でクリスチャン君に問題があること発覚。 クリスチャン君はレイシーさんの子宮内で 何らかの理由で破れてしまった羊膜がひも状の羊膜索となって 胎児の体に癒着したり巻き付いたりすることで奇形が起こる 「羊膜索症候群」を発症していました。 ひも状になった羊膜は胎児の体や頭部など巻き付く場所は様々ですが クリスチャン君の場合、 羊膜索が顔面に癒着し血流を停止させたことが原因で 顔の中央部分を構成する組織が未発達となり、

Read more

台湾、親中派のニュースチャンネルを閉鎖へ。 中国寄りの偏向報道が目立ったことから

台湾の親中派チャンネル、閉鎖へ 度重なる違反報道 台湾で放送や通信行政をつかさどる国家通信伝播委員会(NCC)は18日、親中派として知られるテレビのニュース専門チャンネル「中天新聞台」について、放送事業免許を更新しないことを決めた。 これにより、来月11日の放送を最後に閉鎖される見通しだ。 中天新聞台は十分な事実確認を怠り、視聴者に誤解を与える違反報道を繰り返したことなどから、過去6年間に計1153万台湾ドル(約4200万円)の課徴金支払いを伴う20回以上の行政処分を受けた https://www.jiji.com/jc/article?k=2020111801052&g=int >中天電視は、処分を不服として法的措置を取ると発表した。 中天電視は、台湾の大手財閥の一つである旺旺集団(ワンワングループ)が経営している。 旺旺集団は、中国で米菓など食品事業を成功させたことで知られる。 親中派の企業集団として有名で、同社が2009年に中天電視を買収し、テレビ局の運営を仕切ってきた。 こうした背景から、同局のテレビチャンネルは親中派とされ、放送内容も中国寄りであったとみられている。 NCCは、同局のニュースづくりに旺旺集団が介入し、中国寄りの偏向報道が目立ったと見て、処分を決めたものとみられる。 台湾では昨年末、立法院(国会)で中国による介入を防ぐための「反浸透法」を可決、成立させた。台湾では、中国がネットやメディアを活用して情報工作を活発化させているとの警戒感が高まっており、今回の決定もそうした背景の中で決まったようだ。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66380230Y0A111C2FF1000 >中天新聞台は十分な事実確認を怠り、視聴者に誤解を >与える違反報道を繰り返した >報道機関として内部の管理体制に大きな問題があり、 >NCCは「改善の見込みがない」と判断した。 なら放送免許剥奪も仕方がない(笑) 自由を守るためじゃアホ 日本共産党「反共は反人民!」 反共は反人民であり戦争前夜の声…これが共産党の「ひとりよがり」に聞こえないところがいまの情勢の特徴だ — 香西かつ介・衆院議員東京3区予定候補 共産党のジャイアン (@kouzai2007) March

Read more

韓国最大級のユニクロ、来年1月で閉店へ 観光客の減少や日本製品の不買運動が影響

韓国最大級のユニクロ 来年1月で閉店へ ▼記事によると… ・韓国で最大級のユニクロの店舗が、2021年1月いっぱいで閉店すると分かった ・新型コロナによる観光客の減少や、日本製品の不買運動が影響したとみられる ・韓国での2019年9月から1年間の売り上げは、前年から半分以下になっていた 2020年12月5日 7時18分 https://news.livedoor.com/article/detail/19330742/ よん達磨🤝 @mashadaruma 明洞駅前のユニクロも撤退かぁ… 明洞、どんどんお店が閉まってくね。 韓国最大級のユニクロ 来年1月で閉店へ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201205-00000008-ann-int… 午前7:51 · 2020年12月5日 よん達磨🤝 @mashadaruma 明洞駅前のユニクロも撤退かぁ… 明洞、どんどんお店が閉まってくね。 韓国最大級のユニクロ 来年1月で閉店へ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201205-00000008-ann-int… 午前7:51 ·

Read more

5円玉と50円玉に穴が開いている理由…あまり知られていない時代背景があった…

普段何気なく使っている5円玉と50円玉には 真ん中に穴が開いていますよね。 でもなぜ穴が開いているかのでしょうか。 今回はそんな5円玉と50円玉に穴が開いている理由を紹介します。 5円玉に穴が開いている理由 5円玉が発行されたのは昭和23年。 この時、同時に1円玉も発行されましたが、 どちらも黄銅製でサイズ・重量もほぼ同じで紛らわしいということで 翌年、5円玉に穴が開けられました。 また、5円玉が発行開始された当時は終戦まもない激しいインフレで 素材を少しでも節約していく必要がありました。 そのため、従来のものより厚みを少しだけ薄くし、 穴を開けることで素材の節約を図ったのです。 それ以来、ずっと基本的には 同じ形の5円玉が現在に至るまで造られ続けています。 5円玉の穴は素材の節約のためでもあるのです。 5円玉の半径が11ミリ、穴の半径が2.5ミリなので、 穴がないと仮定した5円玉と比べて 穴の開いた5円玉の体積は約95%。 つまり原材料費は約5%の節約となります。 50円玉に穴が開いている理由 方、50円玉は昭和30年に発行されました。 最初に発行された50円玉は今の50円玉より大きく、 穴もありませんでした。 当初は何の問題もなかったのですが、

Read more