『卵かけご飯』があらぬ姿に!ネットで話題の『TKGY』を試した結果…

ほかほか炊きたてご飯の上に、新鮮な卵を割り落とし、ちょろっと醤油をひと回ししたら、お箸で崩しながら一気に頬張る…。

ああ、『卵かけご飯』って、なんでこんなに幸せな気分にしてくれるのでしょうか。

※写真はイメージ

人によっては、黄身だけを落としてより濃厚にしたり、白身を泡立ててふわふわの食感にしたり、合うトッピングを追求したり…。シンプルな料理だからこそ、いろいろな工夫を楽しめますよね。

では、こちらのちょっと変わった『卵かけご飯』は、いかがでしょうか。

焼くの!?石川県の『卵かけご飯焼き』が話題
卵かけご飯好きだけど、これは知らなかった…。
おいしすぎてハマりそう。
これは全国に広めるべき!
ネットで話題沸騰中の『卵かけご飯焼き』をご存じでしょうか。石川県の白山市鶴来地区で食べられる料理だそうで、その名の通り、卵かけご飯を”焼いてしまう”という、常識をくつがえす一品なのです。

「卵かけご飯を焼くなんて…」と半信半疑だった私。でもあまりの評判に、ネットのレシピを参考にして、自宅で試してみることにしました。

『卵かけご飯焼き』を作ってみた!

まず、お茶碗1膳分より少し多めによそったご飯に、生卵(1つ)、白だし(小さじ2)を混ぜ合わせます。この段階ですでにおいしいに決まっている…!

そして、油をひいたフライパンで片面を1分半ほど焼いてひっくり返し、裏面を40秒ほど焼きます。焦げないように、火加減に注意してください。キッチンにいい香りが漂ってきました!

仕上げに、きざみ海苔とネギ、わさびを添えて醤油をかけます。これで、TKG(卵かけご飯)ならぬ、TKGY(卵かけご飯焼き)の完成です!

見た目はお好み焼きのような、チャーハンのような…いままで食べてきた『卵かけご飯』からは想像できない姿に。早速食べてみると…。

こっ、これは、新感覚のおいしさ!!!

カリカリに焼かれたご飯が香ばしく、いつもの『卵かけご飯』よりもさっぱりした味で食べやすい!わさびの辛味がいいアクセントになっています。

ベーコンやウインナーを入れてチャーハン風にしたり、おだしをかけてお茶漬け風にしたり、白身を泡立ててふわふわのお好み焼き風にしたり…。アイディア次第でいろいろな料理に変化しそうです!

家にあるもので簡単に作れる、『卵かけご飯焼き』。今日からレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

出典 https://grapee.jp/