AGCが韓国撤退へ! 日韓対立や労使問題が影響

AGCが韓国撤退へ=日韓対立影響-現地紙

▼記事によると…

・11日付の韓国紙・毎日経済は、AGC(旧旭硝子)が来年1月までに韓国の工場を閉鎖し、撤退すると報じた。同紙は撤退の背景として、液晶パネル関連事業が不振な上、日韓対立や労使問題が影響したと指摘。

・AGCの韓国法人が、慶尚北道亀尾市にある工場や建物を閉鎖すると道当局に伝えたという。毎日経済によると、2006年に同市の国家産業団地に進出し、売り上げを伸ばしたこともあったが、パネル需要の落ち込みを受けて15年からは工場の操業を停止。

・韓国政府機関は12年にAGCを「戦犯企業」に指定している。

2019年09月11日11時29分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019091100499&g=int

AGC

AGC株式会社は、世界最大手のガラスメーカーである。1907年創立。三菱グループの一員であり、三菱金曜会及び三菱広報委員会の会員企業である。2016年現在の主力製品は、建築用ガラス、フッ素化学製品。 2018年7月に商号を旭硝子株式会社から変更した。
業種: ガラス・土石製品
AGC – Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

逃げたもん勝ち

国家レベルで道理が通らん相手なら普通逃げるよね。

そうしてどんどん雇用が減っていく。失業率だけうなぎ登り。

他企業もどんどん撤退して欲しいです。

お疲れさまでした。周囲に期待して結果先延ばしにするのが多いなかで英断です。

韓国に残るリスクは果てしなく大きい!

企業減るほど雇用が減って結局自分らが苦しくなるって思わんのだろうか

出典 https://snjpn.net/