【北方領土】プーチン大統領「スターリンがすべてを手に入れた。議論は終わりだ」

北方領土 「スターリンが手に入れた」 プーチン氏

▼記事によると…

・ロシアのプーチン大統領は6日に北方領土について述べ、第2次世界大戦の結果、ロシアがすべてを手に入れて領有権が決まったと強調しました。

プーチン大統領:「それ(第2次世界大戦の結果)に依拠しよう。スターリンがすべてを手に入れた。議論は終わりだ」

2019年9月7日 6時21分
https://news.livedoor.com/article/detail/17044879/

ウラジーミル・プーチン

ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンは、ロシア連邦の政治家。第4代ロシア連邦大統領。 第4代大統領就任以前には、第2代大統領、第5代および第9代政府議長、統一ロシア党首、ベラルーシ・ロシア連合国家の閣僚会議議長など政府・政党の要職を歴任している。このほか、サンクトペテルブルクの副市長を務めたこともある。
生年月日: 1952年10月7日 (年齢 66歳)
ウラジーミル・プーチン – Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

これが安倍外交の答、何も結果の無いものだね。

な、結局丸山が正しかったやんけ

知ってた

北方領土も取られて、竹島も取られて、日本なんにもねえな

スタンリーなら仕方がない

戦争しかないですか?

そもそも最初っから返すわけねーだろ.

出典 https://snjpn.net/