一色正春氏「韓国は日本と戦って独立したと言っていますが 『日韓併合→アメリカ占領→独立』これが事実です」

一色正春氏のツイート

誤解をしている人が多いようなので指摘しておきますが、大韓民国の独立は昭和23年8月15日です。

昭和20年8月15日は日本が朝鮮の併合を終えた日であり、その後まもなくアメリカの軍政が始まりました。

韓国は日本と戦って独立したと言っていますが

日韓併合→アメリカ占領→独立

これが事実です

一色正春 プロフィール

一色正春は、日本の内部告発者、元海上保安官。尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件において、「sengoku38」名で映像を動画共有サービス・YouTubeへ最初に投稿した。国立富山商船高等専門学校卒業、放送大学教養学部卒業、学士。妻は韓国籍の韓国人であると報道されている。
生年月日:1967年1月3日 (年齢 52歳)
一色正春 – Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント
日本人で普通に歴史を学んでいれば日教組教育下で育った私ですら知ってます
併合も半島の合邦運動が盛り上がっての日本側、半分イヤイヤながらの併合でしたよねえ。 日韓合邦運動は当時の半島における最大の政治勢力(呉善花)
同じように、日韓併合→ソ連占領→北朝鮮独立 も事実ですね。
文在寅は、3.1運動で上海に逃亡したメンバーが臨時政府を作って日本と戦ったことにしました。文在寅が100周年にこだわるのは、そこに有るのです。嘘も100回言えば本当になる。放置していると、10年後には、これが史実になってしまいます。
ちゃんと学校教育で教えないから、韓国の妄言に反論できない。
中国に逃げて実際には単なるアナウンス作業だけの方達を無理矢理独立運動にしたいって言うプライドだけを満たしたい作り話ですからね。
真実を言って貰えスッキリしました
独立闘士なんて幻想。日本が敗戦→アメリカの支配下。つまりは、日本と戦って勝ち取った独立じゃないってこと。韓国人は発狂するだろうが事実。

出典 https://snjpn.net/