櫻井よしこ氏が一刀両断 “日米安保”は不公平か?  櫻井氏「誇りある日本人が自国民を守れない。こんな情けない事はあってはいけない」

日米安保は不公平か?

櫻井よしこ
「立派な大人で一家の柱が、何かの時に困ったから隣のおじさん呼んで来い、助けてもらうと言ったら離婚される。日本もそう。素晴らしい国が、安全保障や拉致問題を米国にお願いしなきゃいけない。誇りある日本人が自国民を守れない。こんな情けない事はあってはいけない」

櫻井よしこ プロフィール

櫻井よしこは、日本の政治活動家、ジャーナリスト、インターネット番組のニュースキャスター。国家基本問題研究所理事長、言論テレビ株式会社会長、「21世紀の日本と憲法」有識者会議代表、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」共同代表。本名は櫻井良子。
生年月日: 1945年10月26日 (年齢 73歳)
櫻井よしこ – Wikipedia

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

「あなたそんな事言ったら、離婚されるわよ」は笑ってしまった😂

櫻井さんは ずっと仰っていますね。私もあり得ない話だな。と思っていたりしたけど、今は、自国で自国を守るのは当然の事だ。が理解できます。

その通りやね💦情けないわ⤵️

日本人の言論封殺が始まってます。

これは日本が自立する絶好のチャンスなのに安倍さんはどう考えてるのか?

最近のSNSでは「誇りある日本国・日本人」と言う言葉を頻繁に耳にするが、その都度胃が痛くなる 現下国民が我国の領土内で、しかも暴力的な手段で拉致され40年を過ぎるのに国家として何も出来ないし国民も力強くででも取り戻そうとする気概すら無い 一体どこが誇らしいのか胸に手を当てて考えろ‼️

丸山氏の戦争発言を正面切って議論で叩き潰す事も出来ない現状じゃ、憲法改正は無理じゃないかなと。 議論からさえ逃げてるので情けない現状も必然の結果かなと。

憲法改正はいつできるのか、、日本。

出典 https://snjpn.net/