韓国の男性、元慰安婦を助けるふりして支援金約2600万円横領 → 韓国ネット「信じられない。本当に韓国人?」「日本より悪質」

元慰安婦を助けるふりして支援金を盗んだ韓国の男、ネットから批判続出「日本より悪質!」

▼記事によると…

・2019年5月15日、韓国・ニュース1によると、元慰安婦女性の後見人を装い、女性に支給される各種の支援金を横領した容疑で70代の男が裁判を受けていることが分かった。

・男は12年6月から18年4月まで計332回にわたり、韓国政府などから元慰安婦女性イさんに支給された計約2億8000万ウォン(約2600万円)を横領した疑いが持たれている。

中国で元慰安婦を韓国に帰国させる活動をしていた男は、11年にイさんと知り合い、帰国させた。その翌年にイさんを慰安婦被害者として政府に登録し、支援金を受けられるようにした。慰安婦被害者として登録すれば、韓国政府から特別支援金4300万ウォンが一時金として支給され、その後毎月生活支援金として140万ウォンが支給されるという。

・これについて、韓国のネットユーザーからは「信じられない。本当に韓国人?」「元慰安婦を裏切る韓国人は、過去を謝罪しない日本より悪質」など批判の声が続出している。

2019年5月15日(水) 21時10分
https://www.recordchina.co.jp/b710648-s0-c30-d0058.html

日本の慰安婦問題

日本の慰安婦問題(にほんのいあんふもんだい)は、旧日本軍の慰安婦に対する日本の国家責任の有無に関する問題。慰安婦問題にはさまざまな認識の差異や論点があり、日本・大韓民国・アメリカ合衆国・国際連合などで1980年代ころから議論となっている。慰安婦は当時合法とされた公娼であり民間業者により報酬が支払われていたこと、斡旋業者が新聞広告などで広く募集をし内地の日本人女性をも慰安婦として採用していたことなどから国家責任はないとの主張がある一方、一般女性が慰安婦として官憲や軍隊により強制連行された[1]性奴隷であるとの主張もある。
日本の慰安婦問題 – Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

皆で寄ってたかって利用している感じ!!可哀そうだよね!!

慰安婦支援団体そのものがこういうモンでしょ

え、だって国からして国民と北朝鮮にはこちらで分配するからと云って、日本からの賠償金総取りして知らん顔じゃん。

国民全体で同じような事してんだろ

そもそも慰安婦問題なんてこう言うやつが 騒ぎ立ててるだけでしょw

こんなもんでしょう正義を振りかざす裏は。金が絡まない市民運動など続く訳がないし裏では利権が渦巻くから執拗に繰り返すのです。

なんだ・・・。なにひとつとして珍しくない。

出典 https://snjpn.net/