小沢一郎氏「安倍内閣とは、この国の民主主義にとって試練であり、国難であり、悪夢」

小沢一郎(事務所) のツイート

この総理は痛い所をつかれると、すぐカッとなり、逆切れして「それはですね、人格攻撃ですよ!」とわあわあ意味不明。もはや答弁ではない。

毎日、毎日嘘八百なのに「事実ですか?」と聞かれただけで逆上。これが日本の総理。

安倍内閣とは、この国の民主主義にとって試練であり、国難であり、悪夢である。

小沢一郎 プロフィール

小沢 一郎は、日本の政治家。自由党所属の衆議院議員、自由党共同代表。閣僚として、自治大臣、国家公安委員会委員長を歴任。党務においては、自由民主党幹事長、新生党代表幹事、新進党党首、自由党党首、民主党代表代行、民主党代表、民主党幹事長、国民の生活が第一代表、生活の党代表などを歴任した。
生年月日:1942年5月24日 (年齢 76歳)
小沢一郎 – Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・こりゃまた小沢先生のツイートは子供のケンカ感全開で、読んでいるだけで笑えますね。楽しませていただきありがとうございます。

・もう民主主義では無いでしょう。

・悪魔である。

・その通りですね。すぐに感情的になって、分かりやすいちゃ、分かりやすい。単純です。自分でヤバい、嘘か、少なくとも自分では自信がない場合に、それを誤魔化すために、声を大きくし、荒げる。逆に言えば、まずいという自覚があるからですよね。でなければ堂々としていればいいことですから。

・全くその通りです。自業自得とはこの事。でもそれが総理大臣で、日本の将来に悪影響を与え続けている人物である事が最悪です。政権交代して改めて行政改革に真剣に取り組まなければ日本は終わります。

・小沢さんに返り咲いてもらいたい。

・古市憲寿に怒ってたの誰だっけ?

出典 https://snjpn.net/