【話題】『何故山を崩して毒だらけのソーラーパネルを敷き詰めるの?』

サナ吉さんのツイート

私は、本当に悲しくて仕方がないです😢

日本は山に囲まれ住める平地の少ない島国ですが綺麗な水や空気や多くの恩恵は山が生み出してくれている

それが分かっているのに何故山を崩して毒だらけのソーラーパネルを敷き詰めるの?

ソーラーパネル

ソーラーパネル(英: solar panel)または太陽電池パネル(たいようでんちパネル)とは、太陽光で発電を行うためのパネルのこと。太陽電池板、太陽電池モジュールとも。
ソーラーパネル – Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・エネルギーを何に繋げているのでしょう?使用用途ににもよるとおもいますが、設置方法、場所が酷すぎます。きちんと考えてやっていない様が見てとれます。これだとただ単に、自然を無視して踏みつけて壊しているだけです。

・そもそも山に作る意味なくない?

・田舎だと、爺婆世代が大規模な太陽光発電をやろうとする。後のことなんて、何も考えてないからね。売電で稼いで家計が楽になればいい。販売店の営業はノルマがあるので、そこに漬け込む。売れればいい。発電効率や後のことは考えない。それだけ。…屋上設置パネルは業者によっては怖いよ…。

・パネル以外の山肌に塗料を吹き付けてますよね。生きている山がこんな無残な姿にされてしまっている

・ソーラーパネルは再利用不可、そのまま捨てるしか無くなるし、この事業で儲かるのは今や業者だけなので、エコとか金儲けという観点でソーラーパネル選んでる人はかなり情弱。

・山を切り開いてソーラーパネルを設置してはならないと決めたらいいだけ。都市の屋根の上に設置したらいいが、強度の問題もありコストがかかる。もう少し改良の余地がある。

・メガソーラーは日本には合わない発電だと思います。ました森林を切り開いてまで作る必要があるとは到底思えません。

出典 https://snjpn.net/