【徴用工】佐藤外務副大臣「事実を事実として見ない」→ 韓国外交省当局者「甚だ遺憾だ。日本こそ歴史を直視する謙虚な姿勢を持つべきだ」と反発

文大統領発言への批判「甚だ遺憾」…韓国外交省

▼記事によると…

・韓国外交省当局者は11日、徴用工問題を巡る文在寅(ムンジェイン)大統領の発言に対する日本政府の批判について、「甚だ遺憾だ。日本こそ歴史を直視する謙虚な姿勢を持つべきだ」と語った。佐藤正久外務副大臣が10日のツイッターで、文氏の発言を「事実を事実として見ない」などと書き込んだことに反発した。

文氏は10日の記者会見で、元徴用工への賠償を日本企業に命じた韓国大法院(最高裁)の判決を尊重する考えを改めて示し、三権分立の観点から「日本も基本的に仕方がないという認識を持ってくれないといけない」と述べた。

1/11(金) 13:26
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00050072-yom-int

文在寅 プロフィール

文在寅は、韓国の政治家、弁護士、市民活動家。第19代大統領。両親は共に朝鮮民主主義人民共和国からの避難民である。 弁護士として市民運動や人権運動に参加した後、盧武鉉政権で大統領側近として活躍した。その後、国会議員に当選、新政治民主連合代表や共に民主党代表を務めた。
生年月日:1953年1月24日 (年齢 65歳)
文在寅 – Wikipedia

佐藤正久 プロフィール

佐藤 正久は、日本の政治家。自由民主党所属の参議院議員、外務副大臣。 参議院外交防衛委員長、防衛大臣政務官を歴任。元陸上自衛官。職種は化学科で第1種放射線取扱主任者の資格を持つ。
生年月日:1960年10月23日 (年齢 58歳)
佐藤正久 – Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・そうそう、真実の歴史を直視しようね。

・日本の民間企業も朝鮮や中国はこんなリスクが常に伴うことを理解し、回避することを考えた方が良い、日本の政府が助けてくれると安堵していてはだめだ。

・仕方がないので断交で

・韓国政府ってヒゲ隊長のツイまでチェックしてるんかw

・レーダーと一緒だな、逸らしてからの逆ギレ

・もう飽きてきたわ、さっさと制裁しまくれ

・条約を交わした歴史を直視しましょうねーw

出典 https://snjpn.net/