【レーダー照射】共産党・小池晃書記局長「冷静な話し合いで事実関係を確認していく…日韓両国が平和のために緊密に協力すべきときだ。」

冷静な協議で解決を

▼記事によると…

・日本共産党の小池晃書記局長は、7日の国会内での記者会見で、韓国艦による自衛隊機へのレーダー照射問題について問われ、「日本と韓国、それぞれが主張している事実関係が異なっている。双方の担当部門が持っている情報を出し合って、冷静な話し合いで事実関係を確認していく、そのうえで問題点を共有して、必要な改善のための協力をしていくことが求められている」と語りました。

小池氏は、昨年、南北・米朝首脳会談が開かれ、朝鮮半島で平和にむけた激動が進んでいるとして、「北東アジア全体にとっても重要な時期を迎えている。日韓両国が平和のために緊密に協力すべきときだ。北東アジアの平和のためにも、一刻も早く解決すべきだ」と語りました。

しんぶん赤旗2019年1月8日(火)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-08/2019010802_01_1.html

小池晃 プロフィール

小池 晃は、日本の政治家、医師。参議院議員。日本共産党中央委員会政策委員長、党副委員長、日本共産党参議院議員団長、参議院幹事長、常任幹部会委員を歴任し、2016年4月より日本共産党中央委員会書記局長。
生年月日:1960年6月9日 (年齢 58歳)
小池晃 – Wikipedia

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・まず共産党は着服したお金返金してから党を解散して年金なし退職金なしの辞職が先では?

・日本には厳しい。韓国には優しい。

・すなわち○韓国がこれまでの、偽造してきた歴史を是正して、タカリ・ユスリの国策を全世界に謝罪することですね。

・自分に拳銃や刃物を突きつけられてるのに、話し合いで解決しましょうと言えますかね。レーダー照射しただけで戦闘行為ですよ。戦争になってもおかしくない。

・安倍政権にはあんなに牙を剥くのにね。

・貴方が訪韓して、国民が望む謝罪と改善策を引き出して下さいよ。

・問題点は韓国がレーダー照射したことだろw

出典 https://snjpn.net/