【徴用工判決】金慶珠「政権が変われば司法判断も政府方針も変わるのは“よくある話”」→ ネット「国際問題でそれは通じない」「もうこの国とは条約を結べない」

徴用工判決について
加藤浩次
「内政問題が国際問題になってる。日本を引っ張り出してきて徴用工問題をもう一回あげてきて有罪判決にしてるって、国際社会からしてみたら認めれませんよこんなの!」

金慶珠
「政権が変われば司法判断も政府方針も変わるのはよくある話」

加藤浩次
「条約結ばれてるのを基本的に踏まえてやらないと」

ブルーさんのツイート

動画を見る

twitterの反応

▼ネット上のコメント

・よくある話なのか…いやあ、参っちゃうなw

・文が辞めたら、この問題は無かったことになるのか?信頼も信用もできない国だって認めてるよ!

・こんなのを教授に据える大学って😜

・政権によって司法判断が変わる?三権分立していないと言う事?近代国家ではない事を白状したね。

・政権が変われば司法判断も政府方針も変わるというのはあくまで内政の話であって、国際条約は何処の国でも憲法の上ですよ?だからこそ、国際条約は慎重に交渉しないといけないし、憲法と矛盾しない、あるいは改憲を前提にした交渉を進めないといけない。

・なぜ、この反日しながら教授されてる方を呼ぶのかな…韓国側の意見しか言わないでしょう。まあ、TV局もそれを求めてるのかな。

・金慶珠氏の論理なら『スッキリ』のプロデューサーが変わって「金さん、今日で契約切ります。貴方の発言は日本人に苦痛を与えたので慰謝料請求します。」と言われたら、その請求にしたがわなきゃならんねW

・国内問題ならそれでいいかもしれないが国際問題それは通じない

・ほう、k国内ではよくある話なんですか。逆にk国以外ではあり得ない話なんですけどね(´・∀・`)

・つまり、そんな約束が簡単に反故される国は、発展途上国以下なので、付き合うことが出来ないって結論だわ。

出典 https://snjpn.net/