小池都知事が辞任検討、肺疾患の長期治療専念か 

小池都知事が辞任検討、肺疾患の長期治療専念か 30日本会議の所信表明で進退語る?
・東京都の小池百合子知事(69)が辞任を含めた進退を検討していることが17日、分かった。

小池氏の体調を巡っては、6月に「過度の疲労」で入院し、同じ理由で先月27日に再入院した。今月2日に退院したと発表されたものの、公の場に姿を見せていない。


関係者によると、肺の疾患を患っており、治療に専念するため、辞任も含めた検討を始めている。最近は会見などでせき込むシーンも増え、都職員や議員をはじめ都民からも心配する声が上がっていた。

・30日の本会議では小池氏の所信表明が予定されており、約1カ月ぶりの公の場となる。出席した場合、自身の体調と進退についてどのような説明と発言があるのか注目される。

全文を読む
2021年11月18日 05:31

・ご病気は心配だ。コロナに五輪、大変だったと思う。どうかお大事に。

・コロナに五輪、本当に大変だった。コロナがストレスで病気になってしまった、又は持病が悪化してしまった人って世間にも結構いる

・小池さんも年だし病気は大変だから養生して欲しいが、後任が心配。まさか橋下とか出てこないだろうなあ。恐怖でしかない。

・最初はなにか企んでいるのかと思いましたが、どうやら本当みたいですね。色々と批判もしましたが、いなくなったら寂しくなるので、一刻も早く回復されることを願っています。お大事に。


・最初はなにか企んでいるのかと思いましたが、どうやら本当みたいですね。色々と批判もしましたが、いなくなったら寂しくなるので、一刻も早く回復されることを願っています。お大事に。

・いろいろ気苦労も多かったと思う 体を第一に治療に専念してください お大事に

・肺疾患、ってコロナじゃないですよね…