すしざんまいの社長がNHK(公共放送なので宣伝NG)に出た結果

すしざんまいの木村清社長が豊洲市場の開場を前にNHKのインタビューに答えた。しかし公共放送のNHKとあって、絶対に固有名詞を出さないようにしている。

前代未聞の放送。

いきなり登場した木村清社長は「お寿司と言えば、すしざんまい!」とあのポーズで言うのかと思ったら、なんと途中から無言になる。

「お寿司と言えば!」と言ったきり、固まってしまうのだ。

「すしざんまい」まで言ってしまうと宣伝になってしまうのでNHK的にはアウト。しかしあの決め台詞とポーズは使いたい。苦肉の策がこれだったのだろう。

その後も木村清社長は「すしチェーン店」という抽象的な名前でインタビューに答える。

さすがNHK。相当気を使っていることが分かる。この放送はネット上で話題になり、すしざんまいが封じられるとはNHKならではのちょっとした珍事件だと話題になった。

しかしながらここで気になるのは例のギャラクシー事件。

参考:【炎上】商品名を出さないはずのNHK、韓国サムスン新商品を異例の宣伝

商品名を出さないルールのはずのNHKがあろうことか日本未発売のサムスンのスマホを紹介したのだ。今回の固有名詞封じを見るに、やはりあれは異常事態だったのだと確信が深まる。

商品名を出さないルールのはずのNHKがあろうことか日本未発売のサムスンのスマホを紹介したのだ。今回の固有名詞封じを見るに、やはりあれは異常事態だったのだと確信が深まる。

▼この記事が面白かったらいいね!

出典 http://netgeek.biz