生放送に角材を持った不審者が乱入 吉村崇の見せた対応に称賛の声

2018年10月3日に放送されたバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBSテレビ系)に平成ノブシコブシの吉村崇さんが出演。

生放送中に乱入した不審者への対応が称賛を集めています。

生放送で不審者が…
同番組では、芸人の小籔千豊さんが持ってきた『説』を検証。

編集のきかない生中継の現場でこそ、力量が問われるのではないかと思いまして、僕が持ってきた説がこちらです。

中継先に現れたヤバめ素人のさばき方で芸人の力量丸わかり説。

水曜日のダウンタウン ーより引用
出演者には生放送だと偽りの情報を与え、放送中に現れる対応が難しい素人をどのようにさばくのかを観察。

釣り堀でニセの生放送を行い、パンサーの尾形貴弘さんやあばれる君さんなどの芸人に対して検証を行いました。

生放送中に現れる仕掛け人は、中年の男性。無言のまま目をカッと開きながら、よろよろとした足取りでカメラに映り込もうとしてきます。

見るからに危ない雰囲気の男性にほとんどの芸人が、しどろもどろになったり、パニックになってしまったりしていました。

そんな中、吉村さんに仕掛けられたドッキリはさらに上を行きます。なんと中年男性に角材を持たせたのです。

へたな対応をしたら「殴られるかもしれない」という状況で、吉村さんが見せた対応は…。

おー?

いやいやいやいや、素晴らしい。見てください!

素晴らしい一本釣りということでね。どうされましたか?お父さん。

水曜日のダウンタウン ーより引用
突如現れた男性に対して、吉村さんは始終笑顔で対応。

さらに放送を続けながら、吉村さんは釣り堀に来ていたカップルにもインタビューもしています。

しかし、そこで不審な男性はさらなる行動に出るのです。

吉村崇の行動に「これはすごい」

カップルにインタビューをする際に、男性を無理やり追い出すのではなく、背中で壁を作りながらガードするという技を見せた吉村さん。

すると無言だった男性が、突然「あーーー!!」と大声を上げ始めたのです。さすがの吉村さんも動揺するかと思いきや…。

吉村さんは「よーし!」といいながら、男性の頭を自分の身体で抱き込むようにして声をふさぎ、インタビューを続けてしまったのです。

この対応にスタジオからは「これはすごい」と拍手が起こります。

素晴らしいですよ。ねぇどうですか?楽しんでますか?

はい、楽しんでるねー。お父さんは分かりました。お父さんは向こうに座りましょうか。

まずこの木の棒は怖いから…。

水曜日のダウンタウン ーより引用
うまく男性を誘導しながら、自然な形で角材を取り上げた吉村さん。

その後も、「いったんCMということで、こちらで解決しときまーす」と生放送を中断したり、男性が映らないように「月が出てますね」とカメラを誘導したりと臨機応変な対応を見せました。

吉村さんの対応に、スタジオからは「どんなピンチでもカメラの前で笑顔はすごい」「一気に仕事増えると思いますよ」「パーフェクトな対応だった」と絶賛の声が上がりました。

ネット上でも多くの人が吉村さんの対応を称えました。

・ほかの人に危害が及ばないように男性を抱きしめたり、角材を奪ったりしたところが男らしかった。

・シンプルに頭がいいなって思った。

・吉村さんの好感度が一気に上がった!これは惚れるレベル。

・プロ意識とサービス精神と大人のやさしさが満点の最高の対応だった。

突然のアクシデントにパニックになってしまうのは普通のことです。

それでも最後まで笑顔を崩さず、周りの人のことまで考えて行動できた吉村さんの対応はプロ意識にあふれたものでした。

この対応を見て、ファンになってしまう人はますます増えそうですね。

出典 https://grapee.jp/

出典水曜日のダウンタウン