歌手・ELISAさんが男性マネージャーからの性犯罪被害を告発「既婚者の彼にキス、性行為を強要され断りきれず…」

女性歌手が老舗事務所の「セクハラ」を告発 キス、性行為を強要され…
▼記事によると…

・「事務所には13年間もお世話になって、その恩返しをするつもりで頑張ってきました。だからこそマネージャーからのセクハラにも耐えてきたのに……」

涙ながらに訴えるのは歌手のELISAである。

彼女はデビュー以来、山下達郎の著作権管理などを目的に設立されたスマイルカンパニーに所属していた。

問題の“マネージャー”が彼女の担当となったのは2018年5月のことだ。

「一緒に仕事をするようになってまもなく、“前から可愛いなと思っていた”と打ち明けられました。彼は30代後半で奥さんもお子さんもいるんですが、打ち合わせと称して食事に誘われることもしばしば。恵比寿の路上で、泥酔した彼に抱きつかれ、キスされたこともあります。それでも、仕事を持ってきてくれる彼に好かれなければと思って気持ちを押し殺していました」

だが、セクハラ行為はエスカレートするばかり。

「昨年4月にライブイベントでハワイを訪れた際には、飛行機の座席でズボンを下ろして“舐めてほしい”、と。ハワイでの公演後も、ホテルの部屋でお酒を飲んだ勢いで性行為を求められ、断り切れず……。それ以降、歌の練習中にリハーサル室に入ってきてキスを強要されたり、下着のなかに手を突っ込まれたこともある。私が引っ越したことを知ると、彼は電化製品の取り付けを手伝いにきたはずが、ベッドに押し倒しました。私が抵抗しながら“自分が何をしているか分かってるの?”と声を荒らげても、“俺は本気だよ”と言うのみ。もう我慢の限界でした。昨年11月に社長と面談して、全てを打ち明けたんです」

当初、社長は真摯に耳を傾けたそうだが、

「双方が顧問弁護士からヒアリングされ、その結果を伝えられたのですがマネージャーの性的な言動を認めながらもハラスメントではない、と。要は、合意の上での行為で、痴話ゲンカじゃないかというわけです。さらに、この告発がきっかけで社長は私を疎んじるようになった。“後任が見つからない”、最後は“マネージャーと関係を持つようなタレントは扱いづらい”とまで言われ……。結局、今年1月に私から“辞めます”と伝え、9月いっぱいで契約解除になったのです」

2020年9月30日 10時59分
https://news.livedoor.com/article/detail/18978192/

ELISA

ELISAは、日本の女性歌手。神奈川県出身。レーベルはSACRA MUSIC。2020年9月末までスマイルカンパニーに所属していた。
生年月日: 1989年4月14日 (年齢 31歳)
ELISA – Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント
・かなりシャレにならない。公になってなお「顧問弁護士が結論づけました」と自分の経営責任を意識すらせず結果的にハラスメントに加担している社長も拙い。

・マネージャー、社長、弁護士が酷い…

・セクハラではなく普通に性犯罪で強姦です。

・LISAに見えたw こういう名前似てるのって解らんくなるな

・でも不起訴なんやろなぁ そして同じ事が繰り返される

・男ってほんと頭おかしいな 子供も居て何やってんだか

・あーあ、鬼滅の刃もうダメだこれ

出典:https://snjpn.net/