元共同通信・柿崎氏の首相補佐官起用に、立憲・安住氏「政府の広報宣伝するようなメディアが増えている。権力に媚びへつらうのはジャーナリストではない」

立憲・安住「メディアは政権と適切な距離を
▼記事によると…

・立憲民主党の安住国会対策委員長は、30日、共同通信出身の柿崎氏が首相補佐官に起用されることについて問われ、「知らない仲ではないので頑張ってほしい」とした一方で、記者団に対し「政府の広報宣伝するようなメディアが増えている。権力に媚びへつらうのはジャーナリストではない。現職の記者さんには頑張ってほしい」と話しました

安住氏自身も、NHKの政治記者出身です。

2020.09.30 13:40
https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2020/09/30/014001.html

安住淳

安住 淳は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員。立憲民主党国会対策委員長。 財務大臣、政府税制調査会長、衆議院安全保障委員長、民主党選挙対策委員長、防衛副大臣、民主党国会対策委員長、民主党幹事長代行、民主党宮城県連代表、民進党国会対策委員長、民進党代表代行等を歴任した。 父は牡鹿町長を務めた安住重彦。
生年月日:1962年1月17日 (年齢 58歳)
安住淳 – Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント
・自分の側に都合が良い場合だけ、ジャーナリストだと認めるの?

・そんなに気に入らないならしんぶん赤旗だの前進だの解放でも読んでたら

・媚びるとか、忖度とかどうでも良い・・ 正しい報道をする優秀な人材はどこでも重用するもの!!

・おっと、国会議員によるマスコミへの政治介入かなw

・あんなにフリーハンドで応援してくれた左派メディアからも見放されつつあるからって、拗ねるなよ。

・たぶんメディア側もこういう考え方だから、視聴者が政府や与党から発信されている情報を入手できないんだろうな。まず、「政府の情報を報道する → 媚びる」という発想をヤメてもらいたいものだ。

・政府の広報が、あんなみんな揃って安倍叩きやるわけないでしょ。

出典:https://snjpn.net/